ビッグ・フィッシュ

big_fish_2004_763x580_983822
(原題:Big Fish)
2003年/アメリカ
上映時間:125分
監督:ティム・バートン
キャスト:ユアン・マクレガー/アルバート・フィニー/ビリー・クラダップ/
ジェシカ・ラング/ヘレナ・ボナム・カーター/アリソン・ローマン/マリオン・コティヤール/マシュー・マッグローリー/ミッシー・パイル/他

 




 

 

数あるティム・バートン監督作品で最も好きな映画です。

 

ティム・バートン作品独特の、童話の中に入り込んだような世界観。

それに加え、明るい雰囲気に終始する優しく淡い色彩、親子の関係を愛情深く表現するストーリーが見事に噛み合った名作。

 

ホラ吹きの父親が若かりし頃の思い出を語り、それに反感を持つ息子が何とか父親を理解しようとするヒューマンドラマといったところでしょうか。

嘘くさい父親のホラ話はどれも独創的で、何故か耳を傾けたくなる魅力があります。

 

感受性、創造性、優しさを持ち合わせている人ならば、必ず満足できる映画だと思います。

 

 

さっくりあらすじ

妊娠中の妻と暮らすジャーナリストのウィル。

彼の父親エドワードは自分の人生を脚色し、面白おかしく言葉を語り、聞く人を魅了する。

幼い頃は夢中で聞き入ったウィルだが大人になるにつれ、父の作り話が気に入らなくなっていく。

3年前のウィルの結婚式にて、エドワードはウィルが生まれた日に大きな魚を釣った話で招待客を楽しませるが、ウィルは式の主役は自分だと訴え、それ以来は親子の関係が冷えきっていた。

そんなある日、母サンドラからエドワードが病で倒れたとの知らせが入り、ウィルは実家へと帰るのだが、、、

 

 

 

 

big-fish-movie-clip-screenshot-two-roads_large幻想的で不思議な世界

 

big-fish-movie-clip-screenshot-meeting-the-giant_large2005年に亡くなった俳優
マシュー・マッグローリー
足のサイズは47,5cm!

 

Big-Fish妻を優しく抱きしめる夫
名シーン

 

 

 

人生に彩りを

ダークファンタジーな世界観や、シュールなブラックジョークを軸とするティム・バートン監督作品の中では極めて異質な本作。

父エドワードの回想シーンで描かれる色鮮やかで優しい色彩と、それに対して描かれる暗く地味な現実。

そんなコントラストがエドワードのホラ話をくっきりと際立たせるわけですが、ファンタジーだけではなく、現実のヒューマンドラマをティム監督が演出するのはほぼ初めてではないでしょうか?

 

若き日のエドワードを演じるユアン・マクレガー(オビ=ワンね)の大げさな演技がピタリとハマります。

エドワードのホラ話を演じているわけですが、そこはファンタジー色が全開。

「まぁ、嘘だろうな」という老人の夢物語を良い意味で忠実に再現し、美しくも儚い世界が独創的で感動します。

 

余談ですが本作の公開直後、影響を受けたのかニューヨークの電線によく靴がぶらさがってましたね(笑)

 

そして老エドワードを演じるアルバート・フィニーも実に素晴らしい。

ゴールデングローブ賞を3度も受賞しているベテラン実力派俳優ですが、本作でもその実力を如何なく発揮し、涙を誘う素晴らしい演技を披露してくれます。

 

服を着たままバスタブで妻サンドラを抱きしめるシーンなんか、本当にメチャクチャ泣けますよ。

こんな夫婦関係を築きたいものです。

 

 




 

 

まとめ

現実とファンタジーが交互に挟まりますが滞ることなく、分かりやすい流れで観れる作品です。

この映画のように色彩豊かに、表情豊かに生きることができたら、それはどんなに素晴らしいことか。

 

心の奥に染み込む暖かさをご堪能あれ。

オススメです。

ぜひ一度ご鑑賞くださいませ。



ブログランキング参加してみました。
良ければポチっと押しちゃってください。