ブラック・レイン


(原題:Black Rain)
1989年/アメリカ
上映時間:125分
監督:リドリー・スコット
キャスト:マイケル・ダグラス/アンディ・ガルシア/高倉健/松田優作/ガッツ石松/内田裕也/安岡力也/國村隼/他

 




 

現在俳優として活躍する松田龍平・翔太兄弟の父・松田優作の遺作となった作品。

監督は「ブレードランナー」「エイリアン」シリーズで有名なリドリー・スコット。

マイケル・ダグラスやアンディ・ガルシアに加え、故・高倉健など超がつくほどの大御所の若き日が見られる作品でもあります。

 

松田優作は「探偵物語」が好きで結構観てたんですけどね、80年代生まれの筆者からすれば任侠もので人気を博した高倉健さんの魅力に初めて触れた映画かもしれません。

 

 

 

さっくりあらすじ

妻と離婚し、子供の養育費を稼ぐのに苦労するニューヨーク市警の刑事・ニックは麻薬密売金の横領の嫌疑をかけられ、内務捜査官からの尋問を受けていた。

ある日、同僚のチャーリーを迎えにレストランへと向かうと日本のヤクザの内部抗争と思われる刺殺事件に遭遇、追跡の末にヤクザ・佐藤を逮捕し日本への護送をすることになる。

しかし到着した日本の空港で刑事に成りすました佐藤の部下に騙され、左藤を引き渡してしまう。

ニックとチャーリーは大阪府警への協力を申し出るも刑事部長の大橋はそれを却下、二人の銃を押収し警部補の松本を監視役に当てた。

日本独自の慣習や捜査法、更には松本との仲にわだかまりを覚えるニックだったが、、、

 

 

 

ニューヨーク市警のニックとチャーリー
”日本に来た外人さん”な雰囲気が面白い

 

武闘派ヤクザ・加藤
松田優作の鬼気迫る演技は必見

 

二人の監視役を命じられた松本
信念と縦割り社会の板挟みに

 

 

 

 

ハリウッドに負けない存在感

何はともあれ松田優作の鬼気迫る演技、当時すでに癌に侵されかなりつらい撮影を余儀なくされたそうですが、本当の意味で鬼気迫る演技はそれだけで一見の価値があります。

 

既存の任侠道に与せず、己の信念にのみ生きるヤクザ・加藤として光る存在感はマイケル・ダグラス、アンディ・ガルシアの二大巨頭と比べても全く見劣りしません。

このままキャリアを重ね、俳優としての道を進んでいたのであればハリウッドで活躍する日本人俳優として、今頃は不動の地位を築いていたはずでしょう。

神様は本当に残酷なヤツですな。

 

 

作品としては昭和が香るような、どこか雑踏とした大阪が舞台であり、日米ともに文化が分かち合えていない未熟な関係性が背景にあります。

「日本人は皆同じ顔に見える」を地で行くように、警察を装ったヤクザに騙されてから本格的に物語は展開していくわけですが、アメリカンな警察の体制と、ザ・縦割り社会な日本警察のコントラストが物語の肝になります。

 

とにかく日本流のやり方が気に入らない一匹狼なニックと、能天気に日本を楽しみたいチャーリーの姿は何だか微笑ましいものでもあり、異文化交流が生む軋轢や楽しさは上手く表現されているように思います。

だからこそ対照的に、いかにも職業的に職務に忠実な警部補・松本を演じる高倉健の存在感も際立っていくわけですな。

いや、このキャスティングは本当にお見事。

豪華なキャスティングで大成功した稀有な例です。

 

 

そしてヤクザの抗争が事件の背景にあるだけあって、ヤクザがワラワラ出てくるわけですが、どいつもこいつも本当に怖い

安岡力也もガッツ石松も、神山繁もめちゃくちゃ怖い、本職が何人か混ざっているのではと思うくらい。

大袈裟でなくメインから端役まで、どの役者も緊張感があり素晴らしい演技で魅せてくれます。

 

派手なアクションや定番の爆破シーンに隠れがちですが、最大の見所は各々が背負うドラマ部分にこそあります。

特に監視役としての役割と自身の信念に思い悩む松本を演じる高倉健の演技はさすがの一言。

 

映画における”松本”の役割を理解し、自己主張するでもなく、控えめながらも存在感を残すという映画職人ならではの技です。

竹刀をへし折るシーンはシビれますな。

 

そして主演のマイケル・ダグラス。

粗野で野蛮なアウトローの刑事・ニックですが、独自の正義感を備え佐藤を追う姿は感慨深いものがあります。

「金が必要だった」と横領を認めるシーンは自身の弱さ、松本への信頼を表し、初めて懺悔できる親友を得たようにも見えます。

 

エンディングで松本にプレゼントをして、箱を開けた松本が驚きニックに声を掛け、振り向いたニックがサムズアップをするシーンはかなり感動します。

「アメリカ人から見た日本人」と「日本人から見たアメリカ人」の心が繋がった名シーンですな。

 




 

まとめ

さすがに今の映画の演出と比べると古臭い映画のひとつに見えるでしょう。

しかしそれを補って余りある名俳優たちの演技、それに伴う化学反応は間違いなく名作のカテゴリーに入るべきものです。

ツッコみどころも無いわけではないですが、そんな些細なものが気にならないほどの圧巻の演技は一度は観てみるべきでしょう。

 

オススメです。

ぜひ一度ご鑑賞くださいませ。



ブログランキング参加してみました。
良ければポチっと押しちゃってください。