フューリー

Fury-2014-Movie-Poster
(原題:Fury)
2014年/アメリカ/イギリス
上映時間:134分
監督/脚本:デヴィッド・エアー
キャスト:ブラッド・ピット/シャイア・ラブーフ/ローガン・ラーマン/マイケル・ペーニャ/ジョン・バーンサル/ジェイソン・アイザックス/スコット・イーストウッド/ゼイヴィア・サミュエル/他

 




 

ブラピ率いる優秀な戦車部隊を軸に、戦争の「悲惨さ」と「異常さ」を描いた映画。

歴戦の兵士が大型の戦車を相手に四苦八苦する作品が多い中で、小型戦車と経験不足な新兵が敵を殺す意味と無情さを描く、新しい形の戦争映画だと感じました。

 

この手の映画にありがちな偏った正義や視点で描写されることはなく、ナチスドイツの非情さと、アメリカ兵の野蛮さを平等に描いた稀有な作品です。

人道も大義も無い戦場という場所で、愚直に任務を遂行し、敵を殺していく軍人の虚しくも悲しい物語です。

 

 

さっくりあらすじ

1945年、連合国はナチスドイツへと侵攻を続けていた。

とある戦闘で副操縦士を亡くした”ウォーダディ”ことドン率いるシャーマン戦車部隊に補充として新兵ノーマンが配属される。

任務先でドイツ軍による数々の奇襲を受けるも、これを退け全て制圧。

しかし戦場での常軌を逸した現実に耐えられず、ノーマンは苦悩する。

作戦中、世界最強のティーガー戦車との戦闘で唯一生き残ったドンの部隊。

任務を果たすため、満身創痍でかろうじて生き残った5人はナチの精鋭300人を迎え撃つのだが、、、

 

 

 

 

fury-movie-photo-1ドン率いるシャーマン戦車部隊

 

Norman Ellison (Logan Lerman) in Columbia Pictures' FURY. 補充要員として配属されたノーマン
戦場の常識に馴染めず苦悩する

 

Fury-Movie1迫力の戦車戦は見応え十分

 

 

 

 

隣り合わせの”死”

映像面で特筆すべきはやはり戦闘の描写でしょうか。

頑丈だけど鈍重なイメージのある戦車が戦場でいかに恐ろしく、破壊力のある兵器なのかがよく分かります。

敵を薙ぎ払う機銃に敵をまとめて吹き飛ばす主砲、小型のシャーマン戦車でさえ圧倒的な威力を誇り、戦うのが馬鹿馬鹿しくなるほどの存在感と畏怖を覚えます。

 

対して、戦車に乗っていれば安全なのかと言えばそんなこともなく、敵の戦車や対戦車砲弾に狙われる怖さも伝わり、兵士たちの心情が上手に描かれています。

新兵ノーマンを演じたローガン・ラーマンは若手ながら芸歴が長く、本作では戦闘経験の無い新米兵士を演じます。

命の価値、戦場の常識、敵を殺すことに意味を見出そうとする演技は素晴らしく、若手の本格派俳優としてこれから期待できそうです。

 

 

個人的には戦車の砲撃手バイブルを演じたシャイア・ラブーフが良かったです。

部隊の中で最も常識的に見えますが、笑いながら精密な射撃をする凄腕の兵士。

聖書の言葉を心の支えにしながらも、遺体や動物が焼ける臭いを思い出し涙を流す姿は、もう人そしての限界をとっくに超えているのが伺えます。

 

他の乗組員であるゴルドもクーンアスも粗暴で野蛮なアメリカ兵として印象深い存在で、普通に見てたらけっこう嫌な奴らです。

しかし、戦場で生き残るために努力し、いつ死んでもいいように好き勝手に振る舞う彼らを見ていると、むしろこれが普通なのかもしれないと思わせる大事な役回りでした。

 

微妙に不満点があるとすれば主演のブラッド・ピット。

いや本当に素晴らしい演技ですし、ケチつけてるだけなんですがカッコ良すぎます。

強く、賢く、漢気に溢れる隊長の姿は非の打ちどころが無く完璧です。

超人的なカリスマ軍人を演じるブラピは綺麗すぎて人間味を感じないというか、少しだけ腑に落ちない印象を受けました。

 

とはいえ、終わってみれば英雄と評されたのはドン隊長ではなく唯一生き残ったノーマンの方なわけで。

いかに優秀であれ、死んだら終わりという現実を暗に表現するための完璧なブラピ隊長だったのかもしれません。

うーん、深い。

 

 




 

まとめ

監督を務めたデヴィッド・エアー氏は元軍人だそうで、彼の経験というかこだわりが随所に見てとれます。

やれ戦術的に、戦略的におかしいと言う輩が少なからずいるようですが、サバゲーじゃないんだから。

そういった戦闘の描写はあくまで”表現”に過ぎないわけで、この映画の見どころはそれ以外にもたくさんありますよ。

 

日本が得意とする「愛する人のために!」みたいな戦争美談を軽く吹き飛ばす説得力がある作品です。

残酷で不快なシーンも多いので、万人にオススメできるような映画ではないですが、若者も子供も、自分は大人だと自覚したら一度観てほしい作品ではあります。

 

きっと誰もが何かを考えるきっかけになるはずです。

ぜひ一度ご鑑賞くださいませ。


 



ブログランキング参加してみました。
良ければポチっと押しちゃってください。