俺の映画が観れんのか!!

新作も旧作も、映画中心のレビューサイト

[広告]

ゴーストバスターズ

      2018/08/05

Ghostbusters 1984
(原題:Ghost busters)
1984年/アメリカ
上映時間:105分
監督:アイヴァン・ライトマン
キャスト:ビル・マーレイ/ダン・エイクロイド/ハロルド・ライミス/アーニー・ハドソン/シガニー・ウィーバー/リック・モラニス/アニー・ポッツ/ウィリアム・アザートン/他

 




 

もはや説明不要、いよいよ幽霊退治の時期が迫ってまいりました。

恐ろしくもどこか可愛らしいゴーストを相手に、どこか冴えない3人の中年男性が奮闘するSFコメディの傑作です。

 

害虫退治と同じノリで幽霊退治をビジネスにするという非常に斬新で面白いアイデア。

世界の滅亡の危機に瀕しているにも関わらず、どこかゆるーく抜けているバスターズのメンバーは頼りなくも何故かカッコいい、そんな不思議な魅力に包まれています。

 

プロトンパックと呼ばれる小型原子炉を武器に、街を彷徨うゴーストを捕まえる姿に子供の頃は憧れたものです。

さすがに現在の価値観では古臭い演出が多々あるものの、やはり名作は名作、映像以外の部分でも十分に楽しめるものだと思います。

 

 

さっくりあらすじ

ニューヨーク・コロンビア大学で幽霊や超常現象の研究をしていたピーター、レイモンド、イゴンの冴えない中年男性3人。

彼らは研究費を打ち切られたことをきっかけに借金を重ね、幽霊退治業者「ゴーストバスターズ」を設立、ホテルでの幽霊退治がきっかけでメディアの注目を浴び、一躍有名人になる。

ある日、ゴーストバスターズに幽霊調査の依頼をしていたディナ宅で眠っていた「門の神」ズールが目を覚まし、ディナの体が乗っ取られてしまう。

同時にディナの隣人で税理士のルイスも「鍵の神」ビンツに体を乗っ取られてしまった。

そんな世界に混乱が近づく中、環境保護局に目をつけられたゴーストバスターズ。

彼らを目の敵にしている局長・ウォルターの査察を受け、捕まえた幽霊たちを管理する保管庫の電源を切られてしまう。

直後にオフィスは大爆発を起こし、捕らえられていた幽霊たちはニューヨーク中に飛散、街は大混乱に陥ってしまう。

そして「門の神」ズールと「鍵の神」ビンツが邂逅し、「破壊の神」ゴーザが復活してしまうのだが、、、

 

 

 

 

movie-scene3ゴーストバスターズ創始者の面々

 

ghostbusters13”破壊の権化”マシュマロマン

 

G-2498 - Gozer Fires lightning at the Ghostbusters復活した破壊の神・ゴーザ

 

 

 

 

大人も子供も楽しめる

冴えないおじさん達が何やらものすごい科学の結晶らしいバックパックを背負い、作業服に身を固めて出動する姿はどこかコミカルでカッコよく、非現実的ながらも”働く男”の渋みが滲み出ている気がします。

 

個々のキャラ設定がまた良いですよね。

リーダー格のピーターは女好きの胡散臭い男で、金儲けに繋がると確信して幽霊退治を始めます。

レイモンドは常識人ぽい雰囲気ですが科学で超常現象を紐解こうとするオタク気質なおじさん、あと超ビビり。

 

まん丸眼鏡と理知的な振る舞いで最もまともに見えるイゴンですが、バスターズの装備一式は彼のお手製、劇中では微妙に空気が読めない場面がチラホラあります。

ちなみに演じたハロルド・ライミスは2014年に亡くなってしまいました。

満69歳、ご冥福をお祈りします。

 

そして4人目のメンバーとして採用された黒人のウィンストン、唯一の体育会系で金のためにやっているという潔さが光ります。

ついでにヒロインのディナを演じるシガニー・ウィーバーが何とも魅力的で、「エイリアン」シリーズの”強い女性”ではなく、幽霊が怖い一般女性を上手く演じています。

おそらく美人とは言えない気がしますが、どこかセクシーさと可愛らしさを感じる、そんな不思議な魅力がありますね。

 

 

 

ゴースト自体の描写も非常にバランス良く、見た目からして恐ろしいゴーストがいる一方で、アグリー・リトル・スパッドをはじめ、何故か可愛く見えてくる造詣が秀逸です。

終盤にバカでかいマシュマロマンが現れ、群衆がパニックに陥る姿は「これぞアメリカ映画!!」と言わんばかりにお約束な演出。

非常にありきたりで既視感の強いものですが、マシュマロマンとガチで戦うおじさん達というシュールな描写は逆に新鮮に感じるほどです。

 

こうしてみると物語の斬新さでヒットしたのではなく、実力ある俳優、緻密な設定、丁寧な美術があってこそのヒット作だと改めてよく分かります。

大ヒット映画はやはり売れるべくして売れるものですね。

 




 

まとめ

古作とはいえ非常に有名な作品なんで、今さら勧めるまでもないんですが、間違いなく名作です。

当時の最先端VFXも現在では何とも粗く、ぶっちゃけしょぼいものではありますが、個人的には「古い特撮映画の味」として許容できるものではあります。

というか、映像面は抜きにしても普通に面白い映画なので、そこは気にならないと言った方が正しいですかね。

 

リブート「ゴーストバスターズ」は8月11日~14まで先行上映されます。

観たことある人も観てない人も、予習復習を兼ねて観なおしてみるのも良いのでは?

 

ぜひ一度ご鑑賞くださいませ。

 

 

 - SF/ファンタジー , , ,