キル・ビル


(原題:Kill Bill)
2003年/アメリカ
上映時間:111分
監督:クエンティン・タランティーノ
キャスト:ユマ・サーマン/デビッド・キャラダイン/ダリル・ハンナ/マイケル・マドセン/ルーシー・リュー/ヴィヴィカ・フォックス/千葉真一/栗山千明/他

 




 

複雑な構成を以て、暴力や犯罪を好んでテーマに挙げる天才変態映画監督こと、タランティーノ監督によるブラック・コメディ兼バイオレンス・アクション映画。

ベタ過ぎて、ツッコむ気にもならないレベルの外国人視点での日本文化の描写。

無茶苦茶な日本語が飛び交いながら強引に進んでいくストーリー。

そしてセーラー服にモーニングスターと。

どれを取ってもハイレベルなクソ映画(誉め言葉)です。

 

この手の間違った日本の描写の連発は時として人を(主に日本人を)不快にさせるものですが、親日家で有名なタランティーノ監督に悪意は一切ありません。

日本人の深い精神性や文化をバカにされているように感じる人も多いようですが、日本人だって未だに「アメリカ人てハンバーガーとピザばっかり食ってるでしょ?」みたいなこと言ってるしね。

互いの国の文化を深く知るほど、逆に博識な人は多くはないと浮き彫りになるのが現実でしょう。

 

細かいことを言えば本当にキリがないレベルの下らない映画ですが、それを一級品のエンターテイメントにできてしまうあたりはタランティーノ監督の手腕を素直に褒めるべきだと思います。

 

 

さっくりあらすじ

妊娠をきっかけに暗殺者から足を洗ったザ・ブライドは結婚式のリハーサル中、組織のボス・ビルとかつての仲間達に襲撃され意識不明の重体となり、お腹にいた子供と夫も殺されてしまう。

それから4年、昏睡状態から目覚めたブライドはビルと暗殺者たちへの復讐を決意するのだが、、、

 

 

 

まずはこの映画に慣れましょう

 

女子高生とモーニングスター

 

剣戟アクションはすごい

 

 

 

オタクによる
オタクのための
オタク映画

”オマージュ”とか”インスパイア”とか言えば聞こえは良いですが、とにかくタランティーノ監督(以下タラちゃん)から見て「面白かった」作品を片っ端からパロディにして、固めた作品です。

タラちゃん作品らしく時系列はゴチャゴチャ、日本の描写もムチャクチャ、アニメが差し込まれたかと思えば、唐突に始まる仁義なき戦い。

 

まるで日本人監督によるのB級映画を観ているかのようであり、その深さに気が付けば一転して面白い映画となります。

結構重ためでえげつない話のはずなのに、どこか笑えてしまうコミカルさは素晴らしく、何ともリアクションに困る演出は独特のものと言えるでしょう。

 

 

物語としては2部構成の前編ということで途中で終わってしまいますが、ブルース・リー仕様の黄色いジャージに身を包んだ悲しき暗殺者の過去を掘り下げて、復讐を誓いひたすらに敵を切り殺していくという内容。

 

特筆すべきはルーシー・リューことヤクザの親分、オーレン・イシイとの一騎打ち。

所狭しと多数を相手に動き回り、タラちゃん流の殺陣を披露したあとでの戦いになるわけですが、雪がちらつく庭園での戦いは美しく、なかなかに魅せるものがあります。

 

 

あとついでに栗山千明演じるGOGO夕張(たぶん名前です)も際立った存在感で素敵でした。

タラちゃんの趣味かどうかは知りませんがセーラー服にモーニングスターという斬新すぎる発想、そしてその奇怪すぎる女子高生を演じきり、立派なアクションに昇華させた栗山千明の演技魂には溜飲が下がる思いです。

 

ちなみに剣術指導は千葉真一が行ったそうな。

最近の若者は知らない人も多いので加えておきますが、海外では”Sonny Chiba”で知られるアクション俳優であり、海外にも通用する日本屈指のスターであります。

真剣祐のお父さんと言った方が今の子達には通じるかね?

覚えておくように。

 




 

まとめ

「自分の好きなものを映画にした」ような作品であり、どう見ても万人受けする映画ではないでしょう。

しかし、自分の好きなものだけを詰め込んだ作品にしては面白く観れる稀有な映画だと思います。

これはやはり監督の手腕によるところが大きく、映画を作る人間の底力が感じ取れます。

 

だいぶ偏った視点と好みではありますが、タラちゃんの映画愛が伝わる作品として、一度は見てほしい気もしますね。

ぜひ一度ご鑑賞くださいませ。



ブログランキング参加してみました。
良ければポチっと押しちゃってください。