カンフー・ヨガ


(原題:功夫瑜珈)
2017年/中国・インド
上映時間:107分
監督:スタンリー・トン
キャスト:ジャッキー・チェン/アーリフ・リー/レイ(EXO)/ソーヌー・スード/ディシャ・パタニ/アミラ・ダスツール/他

 




 

中国とインドがタッグを組むという、極めて異色のアクション映画。

いわゆる”ジャッキー映画”ではありますが、その枠に収まらない壮大なエンターテイメントは実に素晴らしいものでした。

 

考古学者が世界を股にかけ冒険していくような内容ですが、とにかくお金がかかっているであろう贅沢な映像の数々。

特にドバイ王室が全面的に協力したとされるカーチェイスなどは、近年のハリウッド映画に劣らず、超がつくほどの高級車を乗り回しています。
(最高級車は1億7000まん円だとか)

しかし、そんな潤沢な資金力に負けないエンタメ性を発揮するジャッキー・チェンこそが、刮目して観るべき存在であり、予想以上の内容の濃さがあります。

 

ちなみに監督・脚本を務めたのは「ポリス・ストーリー3」や「レッド・ブロンクス」で監督を務めたスタンリー・トン氏。

ジャッキーがキレッキレの時代に共に活躍した監督さんです。

 

 

 

 

さっくりあらすじ

西暦647年、マガダ王国で反乱を起こしたアルジュナは王家の財宝を狙うが、唐からやって来た使節団に阻まれ失敗、その後援軍を求めた王女と軍はチベットの雪山で行方不明となった。

 

現代、中国の博物館で考古学者として働くジャックの元をインドの高校学者・アスミタが訪ね、消えたマガダ軍と財宝を探すための協力を求めてきた。

ジャックは助手達と友人の息子・ジョーンズを連れてチベットの雪山へと向かい、地下の空洞へと入っていくと、マガダ軍のミイラを多数発見する。

そこにアルジュナの末裔であるランドルが現れ、財宝を巡って戦うことに。

不安定な空洞内部での争いを経て、ジョーンズは財宝の在処を示す「シヴァの目」を盗み出すのだが、、、

 

 

 

 

 

今度のジャッキーは考古学者
言うてもアクションは面白い

 

贅沢に使われた高級車の数々

 

大団円で終わるフィナーレ
このシーンは一見の価値あり

 

 

 

 

 

ヨガは関係無いよ

ということで、全く以てヨガは関係ありません。

映画としても、これといって特筆すべきものも、正直少ないと思います。

しかし、あらゆるジャッキー映画を観てきた筆者にとっては、かなりの満足感を得た作品だと断言できます。

 

やっぱりね、ジャッキー・チェンというアクションの神が築いてきた偉業の数々が眩しすぎて、現在のジャッキーが放つ輝きに対して、物足りなさを感じるのは理解できます。

とはいえ、かつての超人的なアクションは観れずとも、それを補って余りあるエンタメ性はかつてのジャッキーを遥かに上回るものだとも思います。

彼なりに考え、実行に移し、映画として完成させた作品はどれもユニークな発想に基づいているものですし、観る人が少しでも楽しめるようにと考えたであろう工夫が見て取れるからです。

中国映画とインド映画の合作ということで、独特のクセはありますが、コレはコレで一つの作品として完成しているのではないでしょうか。

 

 

そんな本作を観て思うのは、いまいち意味が分からないということ(笑)

先述したように、まずヨガが関係ないし、コミカルなアクションには迫力は無いし、全体的に締まりが無いような印象ですな。

 

しかし、それらの印象を一気に吹き飛ばし「面白かった!!」と印象づけるのがエンディングで披露されるダンスシーン。

恐らくはインド映画のオマージュとして撮影されたのでしょうが、ぶっちゃけ本家のダンスには遠く及びません。

それを踏まえた上で面白いと感じるのは、実際に踊る演者達が皆一様に楽しそうだからですかね。

 

なかなかにキャッチーな音楽を背景に、微妙に音程とズレているジャッキーの可愛らしさ。

劇中ではちょいとおバカな助手を演じているレイが、180度キャラ変してキレキレのステップを披露するギャップ。

インド風な衣装に身を包み、美しくも妖艶に舞う女性陣。

これが本当に楽しくてね、全体的に微妙だったなぁという評価がほんの3分で覆されるほどのインパクトがありました。

 

 

贅沢に資金をつぎ込もうが、世界中でロケを敢行しようが、映画の内容を濃くするためには何が必要なのか。

それは観る人に対して、どれほどにエンターテイメントを表現できるかが一つの鍵になると筆者は考えます。
(派手であれば良いという意味じゃなくて、どれだけ訴えるものがあるかってことね)

 

そして、その見方を元に考えれば、本作を観て感じるのはジャッキーなりの「おもてなし」の心。

観客として批評するのは簡単ですが、実際にはどう考えても批評したがりの素人よりも、ジャッキー率いる製作チームの方が良く映画を分かっています。

そんな映画人たちが、アイデアを出し、知恵と経験をひねり出し、いかに観る人の心を掴もうと努力しているか、その姿勢を垣間見ることのできる名シーンだと思います。

本当にね、大袈裟じゃなくエンディングだけでも一見の価値ありですよ。

 




 

まとめ

褒めたり否定したりしましたが、トータルで見れば個人的には「中の上」って感じですかね。

歴代のジャッキー・アクションに比べれば、あらゆる面で劣っているのは否めません。

 

が、そもそもジャッキー自身が神がかったスタントを売りにはしていませんし、彼なりの新たな取り組みが良く分かる作品ではあります。

危険で迫力あるガチなアクションを終え、明るく楽しく笑えるアクションへ。

 

オススメとまでは言いませんが、絶対に観て損は無いと思います。

ぜひ一度ご鑑賞くださいませ。



ブログランキング参加してみました。
良ければポチっと押しちゃってください。