ナチョ・リブレ 覆面の神様

8485
(原題:Nacho Libre)
2006年/アメリカ
上映時間:92分
監督/脚本:ジャレッド・ヘス
キャスト:ジャック・ブラック/エクトル・ヒメネス/アナ・デ・ラ・レゲラ/リチャード・モントーヤ/ピーター・ストーメヤ/セザール・ゴンザレス/他

 




 

 

スクールオブロック」でお馴染みのジャック・ブラックと、マイク・ホワイトのコンビが織り成すコメディ・ドラマ。

 

ジャレッド・ヘスが監督を務めるならと、ジャック・ブラックはかなり本作に入れ込んでいたようですが、いかんせんこの監督の情報が少なくて詳細が掴めません。

この映画自体もキャリア2作目なんだとか。

将来性に期待したいところですな。

 

かの”タイガーマスク”のモデルとなった伝説のルチャドール、フライ・トルメンタをモデルにした映画です。

原作は涙無くして観れない作品ですが、対して本作は無邪気で明るい作品になっています。

 

 

 

さっくりあらすじ

メキシコのとある修道院。

給仕として勤める僧侶・イグナシオは子供の頃からルチャリブレに憧れていたが、厳しい修道院の生活の前に我慢の日々が続いていた。

修道院では十分な食費が得られず、先輩の僧侶や神父の冷たい仕打ちに耐えながら貧しい食事を作る日々。

そして常に空腹に耐える子供達。

そんな中で、子供達の教師としてやってきたシスター・エンカルナシオンに淡い想いを寄せ始める。

ある日、強盗紛いの男・スティーブンと出会ったイグナシオは彼をそのままスカウトし、コンビを組んで謎の覆面レスラー”ナチョ”としてリングに上がる決意をする。

試合には敗れたものの、ルチャの試合が盛り上がれば相応の金が稼げることを知ったイグナシオ。

修道院のために(シスターのために)試合に出続けようとするのだが、、、

 

 

 

 

こう見えて神父です。

 

相棒のスティーブン

 

恋焦がれるシスター

 

 

 

 

良くも悪くもジャック・ブラック

映画のつくりとして笑えるところが全てジャック・ブラック頼みになっているので、彼のユーモアを面白いと思うかどうかで評価がガラリと変わりそうです。

舞台裏の話ですが、衣装やアクションスタント、音響はハリウッドを代表する面々と何故か異常に豪華な布陣。

そのおかげか荒削りな印象が強い本作ですが、上手くまとまっている感じはします。

 

舞台がメキシコだけに、登場人物は皆メキシコ訛りの強い英語で喋ります。

現地で採用されたらしい俳優やエキストラによるメキシカンな雰囲気が独特の風情を醸し出しています。

そんな独特の雑踏の中で、デブの修道士とガリガリの無職が明日を夢見てプロレスに励む姿は非常にシュールな笑いに包まれます。

 

本編とははずれますが、個人的に気に入ったのは修道院とその周辺の景色の美しさ。

何気なく映る背景ですが、その景色は目を見張るほど美しく、修道院の生活も悪くないかもと本気で思ってしまうほどのロケーションです。




 

 

まとめ

メキシコの貧民層にスポットを当てつつも、悲壮感を感じさせずに明るい雰囲気に終始した作品です。

重苦しい空気にならないのはやはりメキシカンならではの国民性でしょうか。

クスクスっと笑う程度ですが、心温まる良いお話です。

 

観て損は無い作品だと思います。

ぜひ一度ご鑑賞くださいませ。



ブログランキング参加してみました。
良ければポチっと押しちゃってください。