アウトレイジ

outrage-kitano
(英題:OUTRAGE)
2010年/日本
上映時間:109分
監督:北野武
キャスト:ビートたけし/椎名桔平/加瀬亮/小日向文世/北村総一郎/森永健司/三浦誠己/坂田聡/柄本時生/他

 




 

「世界の北野」監督による、ヤクザ映画という名の処刑映像集。

非常に悪趣味だけれども何故か面白い、そんな不思議な感覚を得る映画です。

 

「仁義」や「漢気」なんて今時流行らないでしょうが、だからこそ魅力的に見えてしまう極道の世界。

そんな裏社会の抗争を彩る実力派な俳優たち、そして矢継ぎばやに演出される暴力、暴力、暴力。。

「人を殺すシチュエーションありきで、ストーリーは後付けだ」とコメントされるだけあって、目を背けたくなるような暴力が多く、良いか悪いかは別にして多種多様な暴力が見どころと言ってもいいでしょう。

でもストーリー性が薄いわけでもなく、それなりに見応えがあるあたりが北野監督のすごいところですかね。

 

思いきり人を選ぶ作品であり、最もカップルに向かない作品であり、ある意味で最も北野監督らしさが出ている作品でもあるように思います。

しかしこの人ヤクザが好きだよなぁ。

 

 

さっくりあらすじ

関東一帯を支配下に置く巨大暴力団組織・山王会の関内会長は、傘下の池本組と、麻薬を扱う村瀬組が親密になっていることに不快感をあらわにしていた。

そこで関内の参謀である加藤と共謀し、池本組と村瀬組のつながりにヒビを入れるため、池本に対し「村瀬をシメろ」と無茶な命令を下した。

兄弟分である村瀬を相手に事を荒立てたくない池本は、自身の傘下にいる大友組に関内の命令を丸投げする。

池本の思惑に不快感を覚えつつも大友は命令を実行し、最終的に村瀬組を解散に追い込み、村瀬のシマを継承するのだが、、、

 

 

 

 

山王会の三次団体・大友組組長の大友
愚直な任侠精神を貫く武闘派

 

2011-09-24_105624山王会会長・関内
腹黒く狡猾な策士

 

autoreiji-outrage-2010-takeshi-kitano-magnolia-home-entertainment-all-rights-reserved山王会傘下・池本組組長の池本
大友を使い捨てしたのでエライ目に遭う

 

 

 

 

魑魅魍魎の”黒”

登場人物全員が悪人と銘打つだけあって、一部を除き本当に腹黒い人間たちばかりです。

皆それぞれが”野心”を腹に抱え、互いの利権の奪い合いを画策しているわけです。

黒い野心はよりドス黒い野心に飲み込まれ、それもまた強大な”漆黒”に飲み込まれていきます。

 

この狡猾な”黒さ”の濃度が分かりやすく、悪い人間の序列がある程度ハッキリしているのが分かりやすく丁寧な作りだと思います。

一見穏やかで穏健派にも見える、でも腹黒い純粋な”黒”

振りかかった火の粉を払うため”黒”く染まるグレー。

それに使われるだけの弱者たち、そして甘い汁を吸いに来る国家権力。

 

「勝てば官軍」を地で行く弱肉強食な世界。

その掟に振り回され、家族のような子分たちをズタズタに引き裂かれる小さな組の組長の悲哀が物語の背景になります。

 

 

出演する俳優陣は皆キャリアが長く、どれもこれも見たことのある人ばかり、これほど豪華に揃えられるのも北野監督の強みですかね。

皆さん揃ってヤクザなわけですが、とにかくテンポ良く飛び出す「コノヤロー!!」のオンパレード。

正直役者としてのイメージに合っていない方も相当多少いましたが、でも観ている内に世界観に馴染んでいく不思議。

これは演出が上手いのか役者が上手いのか。。

 

個人的には山王会会長の関内を演じる北村総一郎さんと、若頭の椎名桔平さんが好きでした。

 

普段は優しく、茶目っ気溢れるおじいちゃんにしか見えない北村総一郎ですが、まぁ腹黒い。

黒すぎて濁って見えるほどに己の利だけを考えるような、恐らくは最も純粋な”悪”として描かれていますが、それがハマってるんですよね。

何を演じさせてもしっくりくる、そんな俳優としての実力を見せつけられた気分です。

 

椎名桔平はイケメン枠。

いかついおっさんばかりの映画で唯一と言って良いほどに、スマートでセクシーなヤクザを演じています。

物静かな感じなんだけどバリバリの武闘派、ベタですが個人的には一番憧れますね。

 

 

常にハイテンションで進むシーンが非常に多く、抑揚なんていらんと言わんばかりに先へ先へ。

最終的にはこっちの感覚もバグってくるので、飛び交う怒号に心地良さすら感じるようになります(笑)

 

とにかく痛そうな演出が多く、またバンバン人も死んでいくので、典型的に女性が嫌う演出も非常に多いです。

まぁ極道って男の世界だし、、当たり前と言えば当たり前ですがね。

でも「こーゆーバイオレンスなの大好き!」みたいな女子は萌えますよね。。筆者だけか?

 




 

まとめ

芸人として有名過ぎるが故にアンチも多い北野監督ですが、本作は良い意味で空っぽな作品です。

物語を楽しむものではなく、純粋な暴力が生むバイオレンス・エンターテイメントだからです。

 

「中身が無い」とか「残酷なシーンばかりで気分が悪い」とか「怒鳴り声がうるさい」なんてのは、完全なる見当違いなのであしからず。

だって中身なんて最初から無いもの。

 

嫌いであればこの映画に限っては「つまらん!」の一言で終わります、あーだこーだ嫌いな理由をつけるのはマナー違反です。

とても人に勧められる作品ではないですが、食わず嫌いで避けるのはちともったいない、そんな映画です。

 

タランティーノ作品に興味がある人なんかは大体楽しめることでしょう。

ぜひ一度ご鑑賞くださいませ。



ブログランキング参加してみました。
良ければポチっと押しちゃってください。