パッセンジャーズ


(原題:Passengers)
2008年/アメリカ
上映時間:93分
監督:ロドリゴ・ガルシア
キャスト:アン・ハサウェイ/パトリック・ウィルソン/デヴィッド・モース/アンドレ・ブラウアー/クレア・ドゥヴァル/ダイアン・ウィースト/他

 




 

宇宙船のラブストーリーじゃないよ。

奇跡的に飛行機事故を生き残った5名の生存者と、彼らのカウンセリングを担当するセラピストを描いたサスペンス。

どうして飛行機事故が起きたのかを巡り、次々と失踪する生存者たちの謎を巡り、その上で巻き起こる斜め上な展開が特徴的ですな。

「予想を裏切る衝撃の結末」と銘打たれ、思わず借りてみましたが、何とも消化不良な印象でした。

別な意味で衝撃ではありましたが。

 

 

 

さっくりあらすじ

多数の死者を出した飛行機事故が発生し、奇跡的に5人が生き残った。

セラピストのクレアは恩師であるペリーからの依頼により、5人のカウンセリングを担当することになる。

しかしグループカウンセリングを行う度に何者かに見張られ、メンバーは一人ずつ行方不明になっていく。

クレアは航空会社が過失を隠蔽するために、生存者の口封じを狙っているのではないかと疑うのだが、、、

 

 

 

 

浜辺に墜落した飛行機
奇跡的に5人が助かる

 

セラピストのクレアがカウンセリングを行う
しかし彼女にも悩みが、、

 

徐々に怪しくなる航空会社
クレアは隠蔽を疑うが、、

 

 

 

 

 

予想”外”の結末

まぁ、要は「シックスセンス」みたいなもんよね(ネタバレ全開)

いや厳密に言えば全然違うんだけど、結局オチはそういうことです。

セラピストの恋路とか、航空会社の陰謀論とか、あちこち寄り道はしても予想通りのエンディングにちょっと拍子抜けでした。

 

むしろ寄り道が多めで核心に迫るまでの尺が長く、何かじれったいというか、もどかしいというか。

物語の展開が非常に遅く、色々な要因が並行して進むので、どうにもテンポが悪いっす。

 

 

大まかな流れとしては、悲惨な飛行機事故に始まり、セラピストのカウンセリングに続き、航空会社の陰謀論に転じて、エンディングに収束していくといった感じ。

ただし、5人の生存者の内4人は実質モブに近い扱いであり、セラピストのクレアと、彼女をナンパしまくる生存者のエリックの恋路が大半と言って良いでしょう。

サスペンス性やミステリー性を差し置いて、何よりもロマンスを重視するといった展開はまさに予想を裏切る内容かもしれません。

 

セラピーになっているのかどうかも疑わしい集団カウンセリング。

キザな態度が鼻につくエリックとの個人カウンセリング。

共に何かが解決するような兆しもなく、置いて来た謎や伏線が回収されないままに終盤へと突入します。

 

いざ終盤へ入ればそれなりに整合性の取れた展開が待ち受けていますが、それも簡単に予想がつくような内容であり、ただただ退屈な時間がスローで流れる不自然さが印象的です。

ついでに言えば登場人物に個性が無いですね、弱い脚本を補えるほどの魅力的なキャラがいるでもなく、どうにも掴みどころの無い作品ですな。

 

 

そんな平凡な空気の中で、唯一輝くのはアン・ハサウェイの美貌くらいでしょうか。

やや好みの分かれる顔立ちではありますが、それを補って余りあるキュートな振る舞いはさすがの演技力です。

 

残念なのはエリックとの面談の度に胸をキュンキュンさせ、その度に冷静であろうと努めるんだけど、やはりキュンキュンが止まらないといった流れ。

何だか傍から見てると欲求不満のキャリアウーマンが欲情しているようにも見えますし、お相手のエリックを演じるパトリック・ウィルソンの油っこさもあり、妙な生々しさを感じます。

 

破天荒な行動に出ると女子はキュンキュンするというのはメンズの幻想であり、厨二病的な発想なので、良い子のみんなは止めとこうな。




 

まとめ

雰囲気はあるんだけど内容が無い、そんな感じですかね。

映画が好きな人が観れば、エンディングを待たずして結末は容易に分かるでしょうし、そもそもユルいテンポなのでエンディングまですら長く感じると思います。

その上で、繰り返しになりますが結末がサスペンスではなく、ファンタジックなラブロマンスとくればもうね、脱力ものですよ。

決してつまらない作品ではないですが、どう転んでもオススメできるような作品だとも思えないですね、残念ながら。

 

サスペンスだと思って観てはいけません、コレはラブロマンスです。

それを承知の上で、よければ一度ご鑑賞くださいませ。



ブログランキング参加してみました。
良ければポチっと押しちゃってください。