ピッチ・パーフェクト2

Pitch-Perfect-2-1131x768
(原題:Pitch Perfect2)
2015年/アメリカ
上映時間:115分
監督:エリザベス・バンクス
キャスト:アナ・ケンドリック/レベル・ウィルソン/ヘイリー・ステインフェルド/ブリタニー・スノウ/アレクシス・ナップ/ハナ・マエ・リー/エスター・ディーン/スカイラー・アスティン/アダム・ディヴァイン/他

 




 

前作はコチラ

 

およそ協調性というものに欠けるメンバーが一致団結し、アカペラの全米チャンピオンを目指すスポ魂系コメディの続編。

舞台出身のアナ・ケンドリックを中心に、女性グループが歌うキャッチーな選曲は人々の心を打ち、大ヒットとなりました。

 

本作では全米を飛び越え、目指すは世界チャンピオン。

色々あって部の存続を賭け、前作を超えるスケールと悪ノリで楽しませてくれます。

前作では製作として関わっていたエリザベス・バンクスが正式に監督を務め、良くも悪くも彼女の特性が色濃く反映された作品と言えるでしょう。

 

 

さっくりあらすじ

オバマ大統領の生誕記念式典でのパフォーマンス中、ファット・エイミーが性器を露出してしまうハプニングが発生。

活動禁止処分により公式大会に出場できなくなってしまったバーデン・ベラーズだったが、世界大会で優勝すれば再活動を認めるというアカペラ協会の提案を受諾。

長年ベラーズで過ごしたクロエは全てを賭ける意気込みで振る舞うものの、ベッカは夢であった音楽プロデューサーを目指すため内緒でインターンを始める。

そんな折、バーデン・ベラーズの新メンバーとして新入生のエミリーが加入すし、世界大会を前に練習に励むベラーズ。

しかしドイツのアカペラグループ・DMCの圧倒的な実力に勢いを飲まれてしまうのだが、、、

 

 

 

 

9e19296b12f55c05d0ee447f47697106_cf新入生エミリー、かわゆす

 

Pitch Perfect 2よく分からんかった2人の関係も、、

 

annacamp-pitchperfect2-053014前キャプテンもいるよ!

 

 

 

 

ぼやけてる

舞台が全米から世界へと移ったのもあり、スケールはやはりパワーアップ。

ショーパフォーマンスも含め”こなれてる”感を感じますね、魅せるのが上手になってます。

 

エリザベス・バンクスをキャリア初となる監督に据え、お下品な下ネタもパワーアップ。

全体的にノリが強くなり、コミカルなロマンス、王道的なロマンスを含め、彼女がやりたかったんであろう演出が多いように思います。

 

女性目線な下ネタというか、女子会で話してそうな下ネタはウケる人とウケない人の温度差がありそうです。

そういった意味では前作よりも尖っていると言えるかもしれません。

 

 

キャスティングにまさかのスヌープ・ドッグを持ってきたのは個人的に嬉しいところ。

彼が歌うクリスマス・ソングは超絶クールっす。最高。

あと最初は不在でびっくりしましたが、前作のキャプテンもしっかり登場。

意外な形で現メンバーに絡む姿は妙な懐かしさを感じさせます。

 

選曲は賛否ありそうですが、その辺は個人の好みの話なんでスルー。

アナ・ケンドリックの美声は健在です。

 

 

で、内容ですが。

パフォーマンスやコメディ要素などは概ね面白いかなとは感じるものの、果たして映画としてはどうなんだろう?と感じたのが正直なところ。

 

前作の主人公ベッカに加え、明らかに3作目を意識して投入された新メンバーのエミリー、そしてその2人を明らかに喰ってしまっているファット・エイミー。

ベラーズの他のメンバーにフォーカスを広げたと言えば聞こえは良いですが、感想としては「誰が主人公なの?」って感じ。

唐突に始まり、唐突に収束する恋愛要素もなんだかねぇ。。

 

物語中盤で開催されるリフーオフ(アカペラバトル)も急すぎてビックリ、このおじさん誰やねん

自然に練り込まれていた前作と比べ、明らかに脚本が雑ですね。

 

ドラマ部分はベッカ、コミカルはファット・エイミー、次回作のバトンはエミリーと役割分担はできているものの、それが重なっておらずバラバラな印象です。

これだけまとまらない要素を1つにまとめるのであれば、映画でなくTVドラマでも良かったかなぁ、と。

そういう意味で、世界大会で優勝するという分かりやすいテーマがあるにも関わらず、ピンボケした演出はもったいなかったかな。

 

フィナーレも個人的にはちょっと。

できない人が練習を重ね、花開くからこそ面白いし感動します。

いきなりOBがワラワラ出てきて合唱したところで感動はしません。

 

ついでにアカペラってカヴァーを歌うから意味があるような気がしますね。

オリジナルソングを歌うなら1人で良いんじゃないかなーと。

 




まとめ

女優として、プロデューサーとして活躍していたエリザベス・バンクスが監督として、立場を変えて臨んだ本作。

重箱の隅をつつくまでもなくツッコミどころが豊富ですが、初監督作品としては及第点が妥当か。

 

映画として、強引さ、まとまりの無さがひっかかりますが、つまらないわけではないので観て損は無いかなと思います。

でも、やっぱりどう見ても前作の方が面白い

それはハッキリ言えます。

 

磨きのかかったブラックジョークにパフォーマンス、雑な脚本に目をつぶれば問題なし。

前作を観た人も観てない人も、それなりに楽しめる作品ではあります。

 

ぜひ一度ご鑑賞くださいませ。

 



ブログランキング参加してみました。
良ければポチっと押しちゃってください。