スパイダーマン3

spider-man-3-poster
(原題:Spider-Man3)
2007年/アメリカ
上映時間:139分
監督:サム・ライミ
キャスト:トビー・マグワイア/キルスティン・ダンスト/ジェームズ・フランコ/トーマス・ヘイデン・チャーチ/トファー・グレイス/ブライス・ダラス・ハワード/ローズマリー・ハリス/J・K・シモンズ/他

 




 

第4作の製作も決定していたはずが諸事情により消滅、完結編となったシリーズ3作目。

ヴィラン(敵役)が3人も登場する大盤振る舞いな内容ながら、盛り沢山な構成は中途半端と評され、結果的に微妙な仕上がりになってしまいました。

 

また、全3作で監督を務めたサム・ライミと製作会社のソニーが決裂、加えて本作の不評が決定打となり4作目の計画は凍結。

リブート版の新シリーズとして「アメイジング・スパイダーマン」に引き継がれることになります。

一説にはサンドマンをヴィランに据えたいサム・ライミ監督と、ゲームなどで人気を博していたヴェノムをヴィランに据えたいソニーの間で軋轢が生じ、製作陣とスタジオの間で不穏な壁ができていたんだとか、、

 

 

さっくりあらすじ

晴れてM・Jとも結ばれ、スパイダーマンも街中の人気者となり、充実した生活を送るピーター。

指輪を用意しM・Jへのプロポーズを決意するも、父の復習に燃える親友ハリーがニューゴブリンとしてピーターを襲い、説得も空しく戦闘になってしまう。

激しい戦いの末ハリーは頭を強打し記憶喪失に、以前の優しいハリーに戻った姿を見てピーターは複雑な想いを抱く。

一方でM・Jは舞台を降ろされ、スパイダーマン(ピーター)の人気に嫉妬し、同級生グウェンとピーターの親しい仲に傷つき、不幸のどん底にいた。

そんな中ピーターは警察からベン叔父さんを殺した真犯人フリント・マルコの存在を聞かされる。

強盗半マルコは逃亡中の事故で体を自在に砂に変える能力を得て、「サンドマン」として悪事を働いていた。

マルコの存在を知り、抑えていた復讐心が燃え始めるピーター。

そして怒りに飲まれたピーターに黒い”何か”が近寄って行くのだが、、、

 

 

 

 

 

spider-man-sandman-punch”砂”になり自在に形を変えるサンドマン

 

venom宇宙生命体シンビオート
宿主に寄生して大きな力の源になる

 

spider-man-3-peter-parker-tobey-maguire寄生されたピーター
マジ超ウザい

 

 

 

 

「復讐」と「赦し」

あれこれと物語を詰め込みすぎたせいで、明らかな容量オーバーであり、ツッコミどころの宝庫となってしまった本作。

ごちゃごちゃしているものの、メインテーマは「復讐」と「赦し」の2つになります。

 

皆を守るために日夜戦い続けるピーター。

娘を守るために戦うサンドマン。

父の仇を取るために戦うハリー。

己のプライドを取り戻すために戦うエディ。

 

それぞれの「正義」がぶつかった時に復讐の連鎖が生まれるわけで、またそれを断ち切るために「寛容」であること、「赦し」が必要であることが直接的に描かれています。

このあたりがサム・ライミ監督が訴えたかった思想であり哲学なわけですが、実際いまいちウケは良くなかった模様。

 

娯楽作品にこういったメッセージを組み込むことは非常に難易度の高いものであり、観客の求めるエンターテイメントとは剥離してしまったのが批判の多い最大の原因だと思われます。

簡単に言えば「よっしゃ!」とガッツポーズして終わるような、そんなスッキリ感がエンターテイメントの醍醐味ってことですな。

 

 

宇宙生命体「シンビオート」に寄生され「黒いスパイダーマン」となったピーターですが、信じられないほどウザいです。

心の奥底にしまっていた復讐心が出てきてしまうのは仕方ないとして、傲慢で女癖が悪く、「コイツ本当は嫌なヤツなんじゃないか?」と思ってしまうほど。

肯定的に言えばトビー・マグワイアの素晴らしい演技を称えるべきでしょうか。

 

 

親友ハリーはゴブリン化してパワーアップ。

ピーターとの戦いで記憶喪失になり、普通に良い奴としての彼を見ていると何とも切ない気持ちにはなります。

ただ、例外なく誰もが言っていますが、執事がどうも、、

終盤になってやっと「お父様は自殺です」とかカミングアウトするもんだから、お前がもっと早く伝えていたら色々とスムーズになってただろうが!と言ってやりたくなりますよね。

でも最後の戦いでサンドマン&ヴェノム相手に苦戦するピーターを助けに来る姿はまさに”漢”

友情はこうでなくちゃね。

 

 

で、安定のビッチことM・J。

黒化したピーターの傲慢さに腹が立つのは分かるけど、半分は嫉妬からくる八つ当たりだし、、それで身を寄せるのが記憶喪失になったハリーってあたりが嫌われる要因なんでしょうね。

こいつ女友達いないよね、多分。

 

でもキルスティン・ダンストはブスじゃないからね。

マジで。

 




 

まとめ

評判は芳しくないものの、個人的には普通に面白い映画だと思っております。

ご都合主義な展開や演出は完結編として物足りなさもありますが、ひとつの作品としては及第点な出来ではないでしょうか。

 

スパイダーマンというコンテンツに何を求めるかで評価がコロコロ変わる作品だと思います。

少年ジャンプのような熱い友情と、目まぐるしく展開するCGアクションを素直に楽しみましょう。

 

ぜひ一度ご鑑賞くださいませ。




ブログランキング参加してみました。
良ければポチっと押しちゃってください。