ザ・レイド


(原題:The Raid)
2011年/インドネシア
上映時間:101分
監督・脚本:ギャレス・エヴァンス
キャスト:イコ・ウワイス/ヤヤン・ルヒアン/ジョー・タスリム/ドニー・アラムシャー/レイ・サヘタピー/他

 




インドネシア発、麻薬王が支配する高層ビルに突入した特殊部隊の戦いを描いたバイオレンス・アクション。

噂は聞いていたんですが、世代的にジャッキー・チェンから始まった筆者のアジアン・アクション映画の歴史。

その遍歴はジェット・リーへと続き、トニー・ジャーを最後に永らく止まったままでした。

 

あまり詳しく知らない、インドネシアの犯罪事情。

あまり詳しく知らない、インドネシアの格闘技・シラット。

そして全然知らない、インドネシアの俳優陣。

 

と、全くもって予備知識すら無い状態だったので、いまいち食指が動かない日々が続いておりましたが、これがとんだ杞憂でしたね。

主演のイコ・ウワイスもさることながら、準主役な位置づけになるジョー・タスリムも素晴らしく、何より圧巻のアクションは一見の価値ありな秀作です。

 

 

さっくりあらすじ

ジャカルタの麻薬王が支配する高層ビルにはギャングや麻薬の売人、果ては殺し屋までがアジトとして居を構えている。

20人の精鋭からなるSWATチームが強制捜査に乗り出すが、情報は筒抜けになっており、ビル内部で激しい銃撃戦になってしまった。

圧倒的な人数と火力の前に撤退を余儀なくされるSWATチームだったが、ビルからの脱出も容易ではなく、逃げ道を塞がれてしまうのだが、、、

 

 

 

 

 

麻薬王のビルに突入するが、
何故か情報は筒抜けに、、

 

武器も無くなり、
己の体のみで生き延びる

 

麻薬王の側近
もはや人間じゃない

 

 

 

 

 

ドッグ先生の雄姿

舞台は一貫してボロいビルの中であり、景色に代わり映えがほとんどありません。

つまりは同じロケーションでSWATチームが延々とサバイバルをするだけの作品だとも言え、この潔い純粋さは、なかなかお目にかかれないレベルです。

脚本はとにかくシンプルで、これはもうギャレス・エヴァンス監督と、僕ら観客とのガチンコ勝負と言っても差し支えないでしょう。

 

とにかく息の詰まる緊張感。

目まぐるしく変化する状況。

そして怒涛のアクション。

各シークエンスのバランスも良いのですが、アクション全開の時は瞬きすら許されないほどに、圧倒的物量でグイグイと押してきます。

見応えという意味では十二分に詰め込まれ、殆どの人は満足するであろう”濃さ”がありますね。

 

 

先述したように、物語としてはビルに突入した特殊部隊と、彼らを殲滅しようと躍起になるギャング達の戦いを描いたシンプルなもの。

高層ビルの住人の殆どが敵に回るという脚本は、どこかで観たような気もしますが、ここはスルーしときましょう。

 

特筆すべきは全編においてのアクションそのものであり、銃撃戦も格闘戦も、実にバラエティに富んだ素晴らしい演出です。

特に近接戦闘の描写は素晴らしく、ナイフ・トンファー・マチェット・壁・壊れた扉など、使えるものは何でも使う、良い意味で容赦無い戦いが描かれます。

警察もギャングも、互いに後が無い背水の陣での戦いであり、それ故に全力でぬっ殺しにいくんですね。

痛そうな演出も、流血の演出も、とにかく野性味溢れるバイオレンスの連続で、観る人によっては凄惨な大事件にもなり得ます。

 

とにかく人数と刃物を武器に、主人公を狙う住人達。

それに対し、鍛え抜かれた格闘術で無力化する主人公。

中盤に差し込まれるアクション・スタントの数々はとにかく凄まじく、これはもう手放しで凄いとしか言いようがないっす。

テンポ良くスピーディーに披露されるアクションの数々には夢中になる迫力がありますし、わずかな動きで敵に致命傷を与える技には度肝を抜かれます。

 

 

そして、本作を語る上で外せないのが組織の幹部であるマッド・ドッグ先生の存在です。

あえて”先生”をつけさせてもらいますが、とにかくドッグ先生のインパクトが強烈過ぎて、その存在感は他が霞んでしまうほど。

素手の戦いじゃないと燃えないという戦闘狂なドッグ先生ですが、見た目的には背の小さいヤク中と言った感じ。

 

ですが、その戦闘力は果てしなく、劇中2回に渡り描かれる死闘はアクションの歴史に残っても不思議じゃないくらい。

演じたヤヤン・ルヒアン氏はシラットのインストラクターも務めているそうですが、インドネシアの格闘技の歴史に相応しい大活躍ですな。

 

SWATの頼れる隊長・ジャカを相手に余裕のK.O.勝利を収めるドッグ先生

2対1の不利な状況を自ら生み出し、小柄な体ながらも無尽蔵のスタミナで応戦するドッグ先生

首に蛍光灯が刺さっていても、何事も無かったかのように奮戦するドッグ先生

 

終盤はちょっと人間離れし過ぎていて、何だかゾンビを見ているような不気味な怖さすら覚えます。

とにもかくにも、本作に於いてのMVPはドッグ先生に他なりません。

完璧に主人公を食っちゃってるからね。

 




 

まとめ

あらゆる危機を乗り越え、多数の犠牲を出しながらも黒幕の逮捕に至り、その過程で素晴らしいアクションが堪能できる。

それでも記憶に残るのはドッグ先生という、映画としては本末転倒な仕上がりにはなっていますが、それを差し引いても素晴らしいアクション映画です。

 

えげつない描写が多く、ライトなアクションに馴れている人だと凄惨な流血の描写にドン引きするかもしれません。

が、それでも観る価値のある”本物”のアクション映画だと思います。

 

ぜひ一度ご鑑賞くださいませ。



ブログランキング参加してみました。
良ければポチっと押しちゃってください。