俺の映画が観れんのか!!

新作も旧作も、映画中心のレビューサイト

[広告]

ティン・カップ

      2018/07/28

無題
(原題:Tin Cup)
1996年/アメリカ
上映時間:135分
監督:ロン・シェルトン
キャスト:ケビン・コスナー/レネ・ルッソ/ドン・ジョンソン/チーチ・マリン/リンダ・ハート/デニス・バークレイ/レックス・リン/ルー・マイヤーズ/他

 




 

 

スポーツとしての普及度はともかく、映画のテーマとしてはイマイチ弱いゴルフを題材にした作品。

ゴルフというシビアなスポーツを通した物語はその特性上、どうしても超人的なプレイや奇跡的なショットを描くことが求められます。

つまりはゴルフのプレイ経験があればあるほど、非現実的でつまらなく見えてしまう難しいものだとも言えるわけです。

 

邦画のゴルフ映画「織部金次郎」シリーズなんか個人的には好きでしたが、ゴルフ好きだった父親には大層つまらないものだったようです。

まぁスポーツをテーマにした映画はツッコミどころの宝庫ですからね、そこは目をつぶってあげるのがスポーツマンシップってものです。

 

 

さっくりあらすじ

「ティン・カップ」の愛称で呼ばれ、かつて天才ゴルフプレーヤーとして名を馳せていたロイ・マカヴォイ。

賭け事を好みリスクの高いプレーを好む性格が災いし、現在はトレーラーハウスに居を構えレッスンプロとして細々と暮らしていた。

そんなある日、彼にゴルフを習いにきた女性モリーに一目惚れするロイ。

何とか彼女を口説こうとするロイだったが、モリーには彼氏がいて、しかも彼氏はかつてロイのライバルであったプロゴルファーのデイヴィッドであることが判明。

モリーの気を引くため、打倒デイヴィッドを掲げUSオープン出場を目指すロイだったが、、、

 

 

 

 

tin_cup_32352_mediumかつてはライバルだったロイとデイヴィッド
現在はレッスンプロとトッププロに

 

tin-cup_lキャディのロミオ
演じるチーチ・マリンは洋ドラ「LOST」にも出演してました

 

 

 

 

ゴルフに興味が無い人のためのゴルフ映画

筆者はあまりゴルフに興味がありません、せいぜい「みんゴル」をやるくらいです。

ゴルフに対し、その程度の興味しか持ち合わせていない人はそれなりに楽しめると思います。

というのも、まぁスカスカな脚本なので映画としては何とも微妙な仕上がりです。

 

先ほど述べた通りツッコミどころ満載な作品なので、意地悪く観なくても突っ込んでしまうことでしょう。

ストーリー自体に特筆すべきものは無く、清々しいほどに一本道。

伏線もひねりも無く、落ちぶれた元天才が惚れた女をゲットするために天才ぶりを復活させるお話。

 

しかも復活した元天才とは対称的に、女の彼氏もトッププロとして活躍しているものの性格最悪で彼女に嫌われるフラグつき。

ここまで先が読めまくる映画も多くはないでしょう。

 

 

しかし、ゴルフ道具が無いのでバットやシャベルを駆使して賭ゴルフをするシーンや、キャディと喧嘩してクラブをへし折りまくった挙句に7番アイアンだけで7アンダーを叩き出すシーンなど、ゴルフ未経験者からすると面白い見所はあります。

逆に言えば経験者からすれば少々無理のある内容であり、場合によっては滑稽にも見えてしまうかもしれません。

 

そして一番の見所、というか唯一の見所

絶好調で優勝争いをしていたロイが連日池ポチャしていた最終18番ホール。

手堅く刻めば優勝は目前だったにも関わらず、意地を張って果敢に池越えのショットを狙います。

しかし難度の高いコースだけに失敗に次ぐ失敗、ついには失格になってしまう12打目に差し掛かる。

 

優勝戦線から脱落したロイの最後のショットは空高く舞い上がり、美しい放物線を描き、、、

という一連のシーンは異常にカッコよく、本作はこのシーンを観るためのものと言っても過言ではありません。

 

 




 

 

まとめ

内容の割にはやや長い映画という印象。

しかし、ラスト20分の感動のための前置きだと思えば悪くはないでしょう。

 

試合に負けて勝負に勝つ信念、損得よりも己の信念を貫く姿勢は人によって賛否分かれるところでしょうが、個人的にはものすごくカッコよく感じました。

ゴルフ未経験の人と、ゴルフに興味のある子供には良い映画だと思います。

 

ぜひ一度ご鑑賞くださいませ。

 - ヒューマンドラマ/ロードムービー , , , , ,