トランスポーター


(英題:The Transporter)
2002年/フランス/アメリカ
上映時間:93分
監督:ルイ・レテリエ/コリー・ユン
キャスト:ジェイソン・ステイサム/スー・チー/マット・シュルツ/フランソワ・ベルレアン/リック・ヤン/他

 




 

「レオン」や「フィフス・エレメント」でお馴染み、リュック・ベッソン製作・脚本のカーアクション映画。

世界有数のセクシー・ハゲことジェイソン・ステイサムの出世作でもあります。

カーチェイス・ド派手なアクション・カーチェイス(5・7・5)と、方程式のようなリュック・ベッソン色満載の作品ですが、それでも飽きさせない設定や演出はさすがの一言。

そんな分かりやすいアクションとジェイソン・ステイサムの魅力が嚙み合った秀作です。

さっくりあらすじ

どんな荷物も、どんな相手でも愛車のBMWで時間厳守、完璧に送り届ける運び屋のフランク・マーティン。

契約を厳守し、依頼者の素性は聞かず、荷物を確認しないという3つのルールを守るフランクに、大型のボストンバッグを運搬する仕事が舞い込んでくる。

運送中にタイヤがパンクしてしまい、修理のためにトランクを開けるとボストンバッグはモゾモゾと動いており、ルールを気にしながらもバッグを開けると手足を縛られた女性が入っていた。

逃げ出そうとした女を拘束し、何事も無かったかのようにバッグを届けると帰り際にもう一つ、今度はアタッシュケースの運搬を依頼されるのだが、、、

 

 

 

どんな荷物(人)であれ運ぶ

うっかり”荷物”を助けたせいで面倒なことに

終盤はヌルヌル大会
肉体美が素敵(鼻血)

 

 

ステイサム兄貴がシビれる

ジェイソン・ステイサム演じるフランク・マーティンという人物像がとにかくカッコいいんですよね。

元々は水泳の飛び込み選手だった逸話が有名なステイサム氏ですが、水泳選手独特の引き締まった肉体を駆使し、予想以上に迫力あるアクションスタントを披露してくれます。

この肉体美は本当に素晴らしく、細マッチョなんて話にならん、マジで。

強靭な肉体から繰り出されるマーシャルアーツはアクションに説得力を持たせますし、分厚い胸板と割れた腹筋がお披露目される終盤なんてもう、、、ふう。

全然関係ないけどジェイソン・ボーンとやらせたらどっちが強いのか見てみたい。

 

また極めて無口で余裕のある態度を崩さないところもまた素敵、そのくせ割と感情が顔に出ちゃうところもまた素敵。

自分に厳しく他人に無関心、潔癖症で高級車を乗り回す運び屋という個性的なヒーローとして、ジェイソン・ステイサムの魅力を引き出す脚本に脱帽です。

一度ルールを破ったら完全にノールールなところは触れちゃダメ(*´з`)

良い意味で無難に仕上げるあたりにベッソン監督の手腕が光りますな。

 

物語としてはカーチェイス→アクション→ヒロインとベッドイン→アクション→カーチェイスと、まるで娯楽映画の見本のような構成。

良くも悪くもポップコーンムービーとしては最適かと。

 

余談ですがフランクが住んでる家がものすごく素敵ですね。

静かで美しく、まさに孤高の運び屋の別荘といった感じで、あんな生活憧れるなぁ。。

あ、あと個人的にはヒロインのスー・チーもすごく可愛かったです。

それはどうでもいいか。。




 

まとめ

ノリとテンポを楽しむ爽快な娯楽アクション映画です。

プロフェッショナルな仕事ぶりと無双な強さを誇るジェイソン・ステイサムを楽しむ映画でもあります。

超面白いとまでは言いませんが、大抵の方はそれなりに楽しめるんじゃないでしょうか?

シンプル・イズ・ベスト。

たまには単純なアクション・エンターテイメントも良いでしょう。

ぜひ一度ご鑑賞くださいませ。



ブログランキング参加してみました。
良ければポチっと押しちゃってください。