俺たちニュースキャスター


(原題:Anchorman)
2004年/アメリカ
上映時間:104分
監督:アダム・マッケイ
キャスト:ウィル・フェレル/クリスティナ・アップルゲイト/ポール・ラッド/スティーヴ・カレル/デヴィッド・ケックナー/他

 




 

知る人ぞ知るウィル・フェレル主演の超くっだらないコメディであり、彼の出世作。

アメリカでは非常に有名なコメディアンですが、彼の出演作は何故かビデオスルーされるものが多く、未だに日本では有名とは言えなさそうな知名度ではありますが、この人めっちゃ面白いっすよ。

 

本作では脚本まで共同担当し、良くも悪くも彼の笑いのセンスがギュッと詰まった映画となっております。

 

 

 

さっくりあらすじ

1970年代のサンディエゴ。

ニュースキャスターのロン・バーガンディ率いるチームは地元のテレビ局が制作するニュース番組「チャンネル・ニュース4」で大人気を誇っていた。

ロンは自由気ままにパーティー三昧の日々を送っていたが、新たに入社した美人キャスターのヴェロニカと出会い、猛烈にアプローチを開始する。

しかし野心的なヴェロニカが番組のキャスターとして起用され状況は一変、自分の地位を奪われないよう、ロンはヴェロニカに対し嫌がらせを始めるのだが、、、

 

 

 

サンディエゴの人気ニュースキャスター
ロン・バーガンディ

 

仕事も私生活も充実した日々

 

しかし恋をしたヴェロニカが起用され
状況が一変する

 

 

 

アクの強いウィル・フェレル

個人的には大好きなコメディアンなんですけどね、この人が作る笑いの空気は好き嫌いが分かれそうだなと。

 

70年代という古き良き時代を感じさせるレトロな雰囲気、ニュース番組の製作という比較的お堅いお仕事、その全てをひっくり返すほどにおバカな登場人物たち。

本当にくだらなくて、ハマる人にはとことんハマるコメディです。

この「俺たち」シリーズは結構受けたのか、いくつか続編(というかシリーズ作品)が作られたので、こんなにくだらない作品を愛する人もそれだけいたということでしょう。

 

クリスティナ・アップルゲイト演じる、新人キャスター・ヴェロニカの個性が光っていて素敵です。

とにかく強い女性というか、完全なる男社会に割って入り、さらに貪欲に高みを目指す野心的な女性として、また人の心証を利用し出世を企む狡猾な策士として非常に魅力的なキャラクターです。

女優としてのキャリアは派手ではないですが、どこか印象的な雰囲気を醸す名脇役ですな。

 

そしてそんなヴェロニカを追い出すために、幼稚園児レベルの嫌がらせを繰り返すロン・バーガンディとその一味。

もうね、信じられないほどに幼稚でバカで、本当に失笑もののセクハラやパワハラの嵐なわけですよ。

コメディというかコントですね、良い大人がどれだけ下らないことを思いつくのか、そしてそれを実行するとどれだけバカに見えるのか、それを突き詰めた演出とも言えます。

 

主演と脚本を務めたウィル・フェレルのバランス感覚には、とにかく脱帽。

自分だけが面白いのではなくて、ロンの周りにいるチームの面々の面白さを伝えようと演技に工夫しているフシが見てとれます。

自分の面白さに自信があると暴走しがちな俳優が多い中、あくまで一歩引いた位置からモノを見れる視野の広さ、「個」ではなく「全体」で面白さを盛り上げる手腕は正に天才的ですね。

そんな全面的なサポートの甲斐もあり、登場人物は本当に全員面白いです、というか本当にバカです。

 

ただそのおバカさの背景にある「男尊女卑」という現実、70年代の古臭い価値観は少しだけ感慨深いものがあります。

上昇志向の女性は叩かれ、男社会の流儀を強要されていたという点は現実にあったことですしね。

こんなくだらない作品にも関わらず時代に伴う価値観の変化として、僕らも何かしら考えるものがあるでしょう。

 




 

まとめ

差別的な時代背景を軽いノリと低俗なギャグでコーティングした作品であり、ニュース番組のお話なのに知性の欠片も感じさせない面白い作品です。

特に書きませんでしたが大物俳優が次々と登場する見せ場もあり、思わず口元がほころぶようなシーンも多いです。

ウィル・フェレルの作品としてはギャグに毒気が少な目であり、潔さすら感じさせるおバカっぷりは一度は観てほしいものです。

 

面白いですよ。

ぜひ一度ご鑑賞くださいませ。



ブログランキング参加してみました。
良ければポチっと押しちゃってください。