クリムゾン・リバー


(英題:The Crimson Rivers)
2000年/フランス
上映時間:106分
監督/脚本:マシュー・カソヴィッツ
キャスト:ジャン・レノ/ヴァンサン・カッセル/ナディア・ファレス/カリム・ベルガドラ/ディディエ・フラマン/ドミニク・サンダ/他

 




 

某車のCMのドラえもんでお馴染み、ジャン・レノ主演のサスペンス・スリラー。

「オーシャンズ12」や「ジェイソン・ボーン」など、今では有名俳優の仲間入りを果たした若き日のヴァンサン・カッセルも出演しております。

 

原作小説はフランスでベストセラーを記録したそうで、面白いは面白いんですが、何とも複雑で難しい映画ではあります。

それ故か映画は微妙に評価されていないようですが、個人的には結構好きな作品です。

 

 

 

さっくりあらすじ

フランス有数の名門大学を要する町・ゲルノンにて、地上50メートルの崖で猟奇殺人事件の遺体が発見され、パリ市警から元・特殊捜査隊のニーマンスが派遣された。

遺体から摘出された眼球は医学的な処置を施されており、ニーマンスは地元の眼科医の見解を聞きに行くが、そこでゲルノンに残る歪んだ風習を知る。

同じころ、ゲルノンにほど近い田舎町・サルザックで墓荒らしがあり、駐在員のマックスが捜査に当たっていた。

10歳で死んだとされる少女の墓には鉤十字が書き込まれており、恐らくはネオナチを模した容疑者であろうと調査を開始するのだが、、、

 

 

 

結構エグい描写が多いです。

 

事件の捜査に当たる
ニーマンスとマックス

 

独特のアクションシーン

 

 

 

大味な面白さ

細かい矛盾や投げっぱなしな伏線など、言い出したらツッコみどころが多めな作品ではありますが、そこをスルーできればそれなりに楽しめる映画かなと思います。

何だかゴチャゴチャした謎かけのせいで直視しづらいところですが、冷静に考えれば割とすんなり犯人が分かってしまう程度のものではあります。

 

しかし、そんな平凡な作品を味付けする独自のこだわりが魅力的なところです。

冒頭から出てくる死体をはじめ、美しさすら感じる美術やCGは素晴らしく、猟奇的な雰囲気を見事なまでに表現しています。

接写した映像に耐えるためにとことん造形には拘っているようで、死体メイクを施した役者に演じさせるのではなく、死体をまるまる”作って”しまうオタクっぷりには頭が下がるばかり。

 

ついでにフランス映画独特の陰のある雰囲気、どこかカルトを匂わせるような表現もサスペンスをより際立たせているようにも感じます。

この映像表現だけでも一見の価値はあるかなと思いますね。

 

 

対照的に物語の展開はややインパクトが弱めな印象。

意味不明な登場人物に意味不明な行動、ちょっと無理がある展開が多く、せっかく作り上げた世界観に脚本が追い付いていない感じがします。

 

物語に考察の余地があるとかの問題ではなくて、観終わった後に頭を整理するのに苦労するような粗さが先に来てしまいます。

鼻血を出してまで頑張ったヴァンサン・カッセルのアクションも物語の雰囲気と合っておらず、どこに向かうのかを理解できずに先へ進み、こっちが鼻血出しそうな結末を迎えるのは非常にもったいないですね。

 

 




 

まとめ

独特の雰囲気と世界観は秀逸、でも脚本が残念。

終わってみればいたって平凡なサスペンスに成り下がってしまった、惜しい作品です。

ポテンシャルはあったはずなんですけどね、サスペンス・ミステリーを作るのはやはり難しいものだなと変な形で感心してしまいます。

 

しかし先述したように、作品の雰囲気と美術は非常に素晴らしいものがあるので、一度は観ても損は無いでしょう。

良ければ一度ご鑑賞くださいませ。



ブログランキング参加してみました。
良ければポチっと押しちゃってください。