ブラックラグーン

Black_Lagoon_Family-wall_convert_20160115103055
ブラックラグーン
(BLACK LAGOON)

2006年4月~/第1期
2006年10月~/第2期
原作:広江礼威
監督:片渕須直
キャスト:浪川大介/豊口めぐみ/磯部勉/平田広明/小山茉美/森川智之/竹口安芸子/唐沢潤/他多数

 




 

 

映画ではないですが、個人的に面白かったアニメシリーズのご紹介。

作品としては、タイに存在するとされる架空の都市「ロアナプラ」を舞台に繰り広げられる、ガンアクション・アニメーションといったところか。

日本人のサラリーマンが海賊まがいの人たちに誘拐され、そのまま海賊まがいの仲間入りを果たすという物語です。

 

内容は軽く数えても、

ビッチ萌え

ツンデレ

ロリ&ショタ

ゴスロリ

ヤクザ

ネオナチ

チャイニーズマフィア

ロシアンマフィア

南米カルテル

などなど。

 

厨二病から社会の影までを詰め込んだ、おもちゃ箱みたいな作品ですな。

お色気あり、派手なアクションありと、非常に豊かなエンターテイメント性を誇ります。

ちなみに海外では非常に高い評価を受けているようです。

 

 

さっくりあらすじ

日本企業の旭日重工の社員、岡島縁郎。

彼は会社の機密事項のディスクの輸送中に、南シナ海にて海賊まがいの運び屋「ラグーン商会」によって拉致されてしまう。

誘拐の報を耳にした旭日重工の上司は、縁郎の安否よりもディスクを奪われてしまうことを懸念し、縁郎ごとラグーン商会の抹殺を傭兵会社に依頼する。

派遣された傭兵の戦闘ヘリによる攻撃を受け、窮地に陥るラグーン商会の面々。

その際にキレた縁郎の、機転を利かせたアイデアで戦闘ヘリを撃墜し、脱出に成功する。

手のひらを返し縁郎を説得する上司であったが、これをきっかけに縁郎は「ロック」を名乗りラグーン商会の仲間入りを果たす。

悪名高い混沌の街「ロアナプラ」にて、悪党としてのロックの人生が始まるのだが、、、

 

 

 

 

black-lagoon_00266688_convert_20160115103122最高の”ビッチ萌えこと”レヴィ
作中の最強候補1

 

Balalaika_convert_20160115103138ロシアンマフィア、バラライカ
最強候補2

 

Black-Lagoon_convert_20160115103153メイドのロベルタ
最強候補3

 

 

 

 

 

 

まとめ

登場人物が多く、またそれぞれが魅力的で面白いキャラクターがたくさんいます。

どれか一人くらいは気に入るキャラが出てくるはずです。

 

厨二病な設定や世界観が多いながらも、独特でハードボイルドな台詞回しが非常に魅力的。

また迫力がありながらも、どこかコミカルなアクションシーンの数々も見応えがあります。

そして、そこから生まれる名言の数々にシビれるはずです。

 

ぶっちゃけ筆者はシーズン1しか観ていないので偉そうなことは言えませんが、暇ができたら観たいアニメ作品で上位に食い込む作品ではあります。

 

まさに大人のためのアニメ作品、てかむしろ子供は観たらいけません

ぜひ一度ご鑑賞くださいませ。

おまけ

アニメと言えば萌え、のような偏見が世の中を席巻しており、また実際に萌え要素がないと売れないような現実もあるわけですが、本作のように萌えとエンターテイメントを見事に融合したような作品もあるんです。

収入が低くアニメーターがどんどん減っている今、クールジャパン(名前に出すのも恥ずかしいね)を語るのならばクリエイターに対する投資を増やさなければいけないと思います。

アニメすら海外の製作会社に負けるようであれば、日本のメディアはマジで自己満足の塊になってしまうのではないでしょうか?
あれ?マジメな話になっちゃった。。



ブログランキング参加してみました。
良ければポチっと押しちゃってください。