のぼうの城

e381aee381bce38186e381aee59f8e
2012年/日本
監督:犬童一心/樋口真嗣
キャスト:野村萬斎/榮倉奈々/佐藤浩市/成宮寛貴/山口智充/上地雄輔/山田孝之/平岳大/前田吟/市村正親/他

 




 

作家・和田竜のデビュー作「忍ぶの城」を原作とした日本史映画。

歴史モノとか時代劇とか、個人的にはそんなに興味の無い分野なのですが、尊敬する野村萬斎が主演ということで映画館まで足を運んだ作品です。

 

少数の軍勢で大軍に向かう、ある意味「300」にも通ずる物語でエンターテイメントに相応しいテーマですが、実際には色々と脚色はされている模様。

歴史マニアな方からすれば容認できないものかもしれませんが、映画だしね、エンタメだしね、史実をベースにした創作なんて山ほどありますからね。

日本史に詳しくない筆者からすれば、漢気とロマンを楽しめる上に勉強にもなる、そんな有り難い映画でした。

 

 

さっくりあらすじ

周囲を湖に囲まれ、”浮城”とも称される忍城の領主・成田氏一門の成田長親は能天気で心優しく、領民からは「のぼう様」と呼ばれ親しまれている。

天下統一を目前にした豊臣秀吉は小田原城を攻め落とす準備を整え、対して小田原城主・北条氏政は城を守り抜くため、各支城に向け、籠城に参加する旨を伝えていた。

しかし忍城の城主・成田氏長は早々に豊臣家へと内通し降伏の姿勢を見せ、建前の上で小田原城の守備に参加していた。

秀吉は優秀でありながらも戦下手な石田光成に武功を立てさせるべく、忍城への攻略を命じる。

既に降伏の姿勢を見せているのも知らず、光成と側近たちは忍城を落とすべく軍を動かすのだが、、、

 

 

 

 

ec426361f5dd3e5ef2bffd20756ad2b3”のぼう様”こと成田長親
野村萬斎の演技が光ります

 

img_eikura”甲斐姫”の榮倉奈々
んもうメッチャ可愛い

 

main忍城最強の武将・正木丹波守利英
読みは分からん、でもカッコいい

 

 

 

 

野村萬斎の魅力

色々とありますが、この映画の魅力は野村萬斎の魅力と言って良いでしょう。

 

「陰陽師」といい本作といい、”和”の表現をさせるにあたって、彼ほど説得力を持たせられる人はそう多くはないように思います。

能楽師としての所作や振る舞い、体運びの柔軟性に声質、それに加え独自の俳優としての表現力。

これは本当にハマり役で非常に素晴らしいものでした。

 

史実ではどういう人物かは知りませんが、ヘラヘラしているけど肝は据わっている、でも戦が始まれば緊張で声が上擦る。

その上でやる時はやる、そんな魅力的な人物として映画の中心に座っています。

 

 

そんな成田長親を支える武将もキャラが立っていて面白く、佐藤浩市、ぐっさん、成宮寛貴の3人は各々良い味を出していたように思います。

 

微妙にヘタレだけど策略家の酒巻(成宮)

まんま猪突猛進な柴崎(ぐっさん)

そして冷静沈着で皆朱の槍を持つ正木(佐藤浩市)

人徳だけが取り柄の長親の意に沿い、覚悟を決めて戦う姿は本当にカッコいい。

 

演出のバランスも取れていて、目立ち過ぎず、地味過ぎず、戦に花を添えています。

 

 

 

対して豊臣勢ですが、市村正親が演じる秀吉が本当に秀吉みたい。

派手で豪快、天下を我が物に収めつつある人物として、威風すら感じるような凄みがあります。

上地雄輔はちょっとなぁ、、とか思ってましたが、これがなかなかどうして、石田光成としての説得力を感じます。

若く、知性を感じる雰囲気はあるものの未熟で戦下手、保護者がついて一人前という頼りなさは上手くハマっていますね。

 

全体的にキャスティングが良かったのですが、個人的には芦田愛菜と山田孝之は不要でしたかね。

不要と言うよりはいなくても良かったというか、せっかくのキャスティングでも特に見せ場があるわけでもなく、何だか宙ぶらりんな存在が消化不良気味。

ついでに言えば甲斐姫の件も中途半端でしたけどね、でも榮倉奈々が演じるおてんば姫が異常に可愛かったのでヨシとしときましょうか。

 




 

まとめ

能楽を非常に分かりやすく、俗っぽく、エンターテイメントとして楽しめる映画です。

何はともあれ野村萬斎の存在感を楽しむ映画と言っても良いかもしれません。

 

それなりに迫力ある合戦、互いに仕掛け合う権謀術数、と言えばやや大げさですが、歴史映画としても見応えは十分にあると思います。

途中組み込まれる水攻めのシーンは良くも悪くも迫力があり、映画公開のタイミングも相まって気分を悪くする人もいるかもしれませんので、そこだけは注意しましょう。

 

オススメまではしませんが及第点、それなりに面白い作品です。

ぜひ一度ご鑑賞くださいませ。




ブログランキング参加してみました。
良ければポチっと押しちゃってください。