俺の映画が観れんのか!!

新作も旧作も、映画中心のレビューサイト

[広告]

夏までの期待の新作(追加分)

      2017/11/04

どうもこんにちわ、Tsumeです。

いやぁ、、、暖かくなってくると日中ものすごく眠たくなりますね。。

先日のシビル・ウォー/キャプテン・アメリカで新作の予告を見て、いくつか気になっている映画があったので追加しときます。

皆様のシネマライフの足しになれば幸いです。

 




 

「神様メール」

le-tout-nouveau-testament-j-trailer_00

ベルギー、フランス、ルクセンブルグ合作と少々変り種の作品ながら、カンヌ国際映画祭を皮切りに世界各国の映画祭で高い評価を得た作品。

PCを駆使し、いたずら半分に人間を弄ぶ神様(ベルギー在住)と、そんな神に愛想を尽かした娘が巻き起こすコメディドラマです。

神様の娘エアが人間に余命を知らせるメールを送ってしまうことで、長短さまざまな余命を知った人間が思い思いに行動し、生きがいを見つけていくお話。

これだけ聞くとファンタジックで素晴らしいお話ですが、コメディ要素も強くかなり笑えるようです。

予告映像だけでも監督のセンスの良さが伺えます。

遊び心に溢れ、独創的な世界観と映像美にコミカルな感動をのせた本作、個人的にはかなり要チェックです。

5月27日公開予定、お見逃し無く!!

「X-Men アポカリプス」

12d94340

前作「X-Men フューチャー&パスト」を観てないくせにオススメするのもなんですが、通算8作目に当たる大作。

何千年も前に生まれたミュータントの祖であるアポカリプスが眠りから覚め、間違った方向に進んでしまった人類を滅ぼすために立ち上がり、ミュータント集団であるX-Menがそれを阻止するために闘うお話。

新キャラはもちろん旧キャラも大幅にキャストが変更され、物語の設定に合わせて若返りした印象で、明らかにラスボスのアポカリプスも感情ではなく、自らの信念に沿って行動するという哲学めいた変り種ヴィラン。

色々な意味で変化を感じそうな内容ですが、同シリーズで最も多く監督を務めたブライアン・シンガー氏がどのように物語をまとめるのか注目です。

8月6日公開予定。

「ジャングルブック」

The-Jungle-Book-poster
「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」の上映前予告で観たのですが、けっこうビックリなクォリティです。

名前は知ってるけど観たことはない、まさにそんな印象だった1960年代のディズニーアニメがまさかの実写化。

ジャングルで育てられた少年モーグリの冒険を描いた作品ですが、CGとは思えない非常に高度な映像に目を奪われました。

恐らく世界一顔が大きい監督であろうジョン・ファブロー氏が監督を務めています。

個人的にすごく好きな映画監督なので期待したいところです。

さらに「Her/世界で一つの彼女」で声優として絶賛されたスカーレット・ヨハンソンを筆頭にビル・マーレイ、イドリス・エルバ、ベン・キングスレー、クリストファー・ウォーケンなど豪華な俳優が目白押し。

自然に生きる動物達が言葉を話すサマは一回観て欲しいです、マジで。

8月11日公開予定。

「ゴーストバスターズ」

ghostbusters-2016-5-gruende-warum-das-remake-rockt-993089
1984年に公開された、言わずと知れた名作SFコメディのリメイク作品。

女性を中心に置いたコメディ映画を得意としているポール・フェイグ氏が脚本にも参加し、旧作のストーリーになぞらえたストーリーや世界観を軸にメンバー4人を女性にチェンジ、まさに今の時代を象徴するような改変が成されそうです。

逆に女性秘書が男性に代わり、演じるのはクリス・ヘムズワース(マイティ・ソー)なのも見逃せません。

加えて旧作の中心メンバーのビル・マーレイも出演、さらに他の旧メンバーもカメオ出演してるとかしていないとか。。

 

予告編を見ると概ね面白そうな雰囲気ですが、気になる点がひとつ

一部ではありますが、ゴーストの造型がハリポタに出てくるデメンター(吸魂鬼)そっくりだったこと。

あまりに似てるもんだから「エクスペクト・パトローナーム!」って言いそうになりましたよ、ホント。

恐怖を煽るような造型はラスボスだけで十分、不可思議で面白いゴーストに寄ってほしいなぁ、と。

細かいことですが、些細なズレが積もり積もって微妙な仕上がりになった作品はたくさんありますしね。

実際にTwitter上では評判がよろしくないようで「主人公が女性だから」以外の理由でファンの不満が爆発している模様、何とも不安な仕上がりです。

8月19日公開予定。

「ミュータント・タートルズ2」

TMNT2
大ヒットした前作に続き、亀忍者たちが帰ってきます。

原題は「Out of  the Shadows」

前作に引き続き監督はマイケル・ベイ氏が務め、新たなヒーローやヴィランが登場するなど相変わらずテンション高めな内容のようです。

4兄弟が乗り回すタートルワゴンがパワーアップ、何やらマンホールの蓋を発射するギミックまで搭載されたようで、心なしか彼らの装備も豪華になったように見受けられます。

敵もバラエティに富んで、大型サイ人間のような敵が大暴れ。

前作を超えるスケールとアクション、ユーモアで魅せてくれることでしょう。

注目の作品です、8月16日公開予定。

 - News!! , , ,