デビル

the-devils-own-movie-poster-1996-1020209920
(原題:The Devil’s Own)
1997年/アメリカ
上映時間:111分
監督:アラン・J・パクラ
キャスト:ハリソン・フォード/ブラッド・ピット/マーガレット・コリン/ジュリア・スタイルズ/ルーベン・ブラデス/トリート・ウィリアムズ/ミッチ・ライアン/ナターシャ・マケルホーン/ポール・ローナン/他

 




 

 

IRAという組織をご存知でしょうか?

アイルランド共和軍という組織の略称ですが、アイルランドをイギリスの支配下から抜け出し、独立させることを目的とした武装組織を指します。

 

現在では過激派、暫定派に別れ、一部テロ活動に走る人もいるようですが、1997年以降には概ね武装は解除され、対話による決着が望まれているようです。

とはいえ、政治的、歴史的な怨恨や利権が絡んだ複雑な問題なので、長く尾を引くであろうイギリスの課題でもあります。

 

本作はそんなIRAをテーマに、ハリソン・フォードとブラッド・ピット、世代を超えた2大スター競演による社会派な映画です。

 

 

さっくりあらすじ

目の前で父親をイギリス人に殺されたフランキーはIRA活動家になり、携帯式ミサイルを購入するため身分を偽り、「ローリー」としてニューヨークへとやって来る。

同じくIRAメンバーであるフィッツシモンズ判事の助力もあり、「ローリー」ことフランキーはニューヨーク市警の警官トムの家に居候することに。

覆面生活は続きトムとの間にも信頼関係が生まれ、トムの娘からも慕われるフランキー。

しかしニューヨークの武器商人との取引が水面下で進んでいくのだが、、、

 

 

 

 

 

997TDO_Brad_Pitt_029若きIRAメンバーのフランキー
昔も今も、ブラピはカッコいい

 

997TDO_Mitch_Ryan_001曲がったことが許せない警官トム
フランキーを気に入り始めるのだが、、

 

 

 

 

 

 

それぞれの”正義”

ブラピ中心で製作に入った映画ですが、大御所ハリソン・フォードを脇役に配置するのはどうだろう?と脚本を変更した経緯があるそうな。

さらにハリソン・フォードの鶴の一声でパクラ監督が抜擢され、物語の人物設計が煮詰まる前に製作が始まってしまった珍しい作品です。

実際に製作は遅れに遅れ、引っ張りだこで仕事が山積みのブラピとベテランのハリソン・フォード間では、だいぶ空気が悪かったそうな。

 

演出による部分も大きいのですが、華やかさと共に犯罪も多い大国アメリカ・ニューヨークという都市。

警官として日々犯罪を追うトムですが、家庭は平和と愛情を感じるほどに平穏なものです。

しかしフランキーの故郷であるアイルランドとIRAは英国政府との闘争が続き、大義の名の下に続く暴力が蔓延している現実があります。

 

「ローリー」としてトムの家に潜伏するフランキーですが、トムや家族と触れ合う姿は非常に優しく、思いやりのある素敵な青年です。

それが彼本来の姿なのか、作りこんだキャラクターなのか、真実はハッキリとは分かりません。

それでも長く続く闘争と、それがもたらす怨恨の螺旋がフランキーを変えてしまったことは確かでしょう。

 

この頃すでにトップスターだった、フランキーを演じる若き日のブラピがとにかく素敵。

昔から変わらず超絶イケメンですが、彼の背に垣間見えるやるせなさはさすがの演技力ですね。

 

対するハリソン・フォード演じるトムも、うすうすローリーの正体に気づき始めるのですが、ローリーが背負っているものの重さが理解できず、何をすれば正しいのかが分からなくなってしまいます。

正義を追い続けた初老の男、そんな彼の下した正しい決断はなかなかに考えさせられるのではないでしょうか?

 

余談ですが監督を務めたアラン・J・パクラは一年後の1998年に交通事故で他界してしまった為、残念ながら本作が彼の遺作となってしまいました。

 

 




 

 

まとめ

新旧のスーパースターが競演した映画ですが、派手さは無く、むしろ重苦しい作品ではあります。

しかし、正義という観念に縛られ衝突してしまう人間の性と、人間が本来持ち合わせているはずの思いやりの対比を上手に描いた作品でもあります。

 

日本に住む我々にはあまり馴染みの無い世界の話ですが、一度目を通しても良いんじゃないかな、と思います。

ぜひ一度ご鑑賞くださいませ。



ブログランキング参加してみました。
良ければポチっと押しちゃってください。