魔法使いの弟子

The-Sorcerers-Apprentice-movie-poster
(原題:The Sorcerer’s Apprentice)
2010年/アメリカ
上映時間:110分
監督:ジョン・タートルトーブ
キャスト:ニコラス・ケイジ/ジェイ・バルチェル/アルフレッド・モリーナ/テリーサ・パーマー/モニカ・ベルッチ/アリス・クリーグ/グレゴリー・ウー/トビー・ケベル/ニコール・インガー/オマー・ベンソン・ミラー/他

 




 

 

もともとは1940年にディズニーが公開した、短編アニメーション映画集「ファンタジア」の同名エピソードがベースのファンタジー。

ちなみに「ファンタジア」はウォルト・ディズニー自らが製作に関わり、音源にオーケストラを取り入れた史上初のステレオ音声作品だそうです。

その芸術性の高い作風は歴史的名作として、今もなお語り継がれています。

 

ナショナルトレジャー」のジョン・タートルトーブが監督を務め、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジェリー・ブラッカイマーがプロデューサーを務めます。

さらに主演のニコラス・ケイジが製作総指揮も兼ねるなど、ディズニー史の名に恥じない豪華な顔ぶれとなりました。

ちなみにニコラス・ケイジ演じる魔法使いは、本来はミッキーが演じているものです。

マジカルハットかぶったミッキー見たことあるでしょ?

 

 

 

さっくりあらすじ

偉大なる魔法使いマーリンの弟子・バルサザールは1000年もの間、マーリンの後継者を探し世界中を旅していた。

そして、現代のニューヨークで”選ばれし者”である少年・デイブを見つける。

しかし封印が解け復活した邪悪な魔法使い・ホルバートとの激しい戦闘の末、バルサザールとホルバートは2人とも封印の壷に封じられてしまう。

10年後、気弱で軟弱な青年へと成長したデイブは再びホルバートに襲われるも、同じく復活したバルサザールに助けられる。

未熟で魔法使いとしての自覚が無いデイブ、バルサザールはそんな彼を鍛えようとするのだが、、、

 

 

 

 

The-Sorcerers-Apprenticeニコラス・ケイジ、なかなかハマり役

 

the-sorcerers-apprentice-081基本はかめはめ波

 

 

 

 

魔法と科学の融合

良くも悪くも、安定したディズニー映画です。

正義vs悪、光vs闇といった分かりやすい構図とご都合主義の展開、そして勧善懲悪のハッピーエンドと、どう見てもディズニー作品ですね。

かなり子供向けに寄ってる感があるので、ファンタジーに興味の無い大人が観るには退屈かもしれません。

でも演出や映像表現はなかなか迫力&アイデアがあり、見応えはそれなりにあるとも思います。

 

魔法使い同士の戦いが物語のキモになるわけですが、「ハリー・ポッター」ほどの複雑な展開や呪文合戦はありません。

ので、そこをシンプルと取るか、物足りないと取るかで評価は大きく変わるでしょう。

良い意味で力の抜けた魔法の描写や、コミカルな現代科学の応用はいかにも現代風なファンタジーという感じ。

加えてスピード感溢れるカーアクションに、随所に挟まれるコメディタッチな流れが心地よく、ライトなファンタジーとしての完成度はなかなか高いように思います。

 

強いて言えばニコラス・ケイジの彼女役がモニカ・ベルッチなのに対して、主人公の憧れがテレサ・パルマー。。

当然とはいえ格差が見え隠れするのは、筆者がねじ曲がっているからでしょうか?

 

 




 

 

まとめ

ハリポタとは違うベクトルでテンポ良くサクサク進む反面、観終わってみると若干の物足りなさが残ります。

が、家族で観たり、小さなお子さんに観せるには良い映画じゃないでしょうか。

 

ぜひ一度ご鑑賞くださいませ。

 



ブログランキング参加してみました。
良ければポチっと押しちゃってください。